ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 農林水産課 > 上島町定住促進 中間報告

上島町定住促進 中間報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月19日更新

平成21年3月

上島町の定住促進事業のワーキングホリデイ及びお試し就業研修制度が人気上昇中です。

平成21年2月までに述べ7回のワーキングホリデイ制度の利用者があり、3月にも1件予約されております。利用者は農業の体験研修希望で、NPO豊な食の島岩城農村塾のメンバーが中心になって受け入れ、都会から来られた人たちの農業研修をサポートしました。

 体験内容は、レモン等の柑橘摘み及び生産技術研修、野菜苗の植え込み、パワーショベル、耕運機、稲刈り、その他にはレモンの加工品作りや海辺の体験等で、食事や宿泊まで農家でお世話になられた方もおられます。農業や島の生活体験をして頂くことは、利用者の体験研修と同時に、受け入れ農家がホスピタリティを学ぶこと、さらには、観光農業の糸口を探ることにも役立ちます。そして、利用者である都市住民と地域との自然な交流が生まれます。中には島が気に入り、1ヶ月のお試し就業制度に進まれ、本格的定住の準備をされている方もおられます。

しかし、この事業を通して課題となっているのは、上島町にIターン希望者の住む物件が大変少ないことです。空家等提供できる物件がありましたら是非とも事業の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

 今後、都会から様々な人がワーキングホリデイ制度等を活用して島を訪れ、島の産業や生活に触れることにより島の良さを理解し、さらには新たな定住者となるきっかけとなり、遊休農地の解消や島の新しい文化の創造に役立つことを期待しております。

 今年度参加された人たちの紹介をします。

ワーキングホリデイ制度(3日間) 

平成20年9月1日~仲平まゆみさん(水戸市)

ワーキングホリデー

9月30日~松村良信さん(奈良市)

ワーキングホリデー

10月21日~長谷川広司さん(水戸市)、仲平まゆみさん(水戸市)

ワーキングホリデー

お試し就業研修制度(1ヶ月)

平成20年11月21日~ 仲平まゆみさん(水戸市)

お試し就業研修制度

ワーキングホリデイ制度

平成21年1月10日~ 山平浩子さん(尼崎市)

ワーキングホリデイ

2月23日~ 岩田若菜さん(鳥取市)伊藤郁恵さん(鳥取市) ワーキングホリデイ