ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建設課 > 令和2年度 木造住宅耐震改修事業のご案内

令和2年度 木造住宅耐震改修事業のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

対象となる木造住宅

1.昭和56年5月31日以前に着工された1戸建ての木造住宅(枠組壁工法、丸太組工法、大臣等の特別な認定を得た工法のものは対象外)で、耐震診断を実施し評価を受けた結果、補強が必要と判断された住宅
2.既存木造住宅に、明らかな法令違反がないもの

対象となる工事

対象となる工事は、耐震診断の結果、総合評点が1.0点未満であり、地震に対して安全な構造となるように耐震改修工事を実施し、総合評点が1.0以上となる工事

補助対象者

対象となる住宅の所有者(その他住宅に関係がある者として町長が特に認める者)
市町村税を滞納していない者(納税証明書(完納証明書)添付)

対象となる耐震改修工事

・「上島町木造住宅耐震改修工事費等補助金交付要綱」に基づき実施する「耐震改修工事」
・改修設計者及び工事監理者は「愛媛県木造住宅耐震診断事務所」の登録を受けた建築士事務所
・耐震改修工事業者は、「愛媛県木造住宅耐震改修事業者」の登録を受けた業者

補助金の額

・耐震改修工事費:補助対象経費の5分の4以内(限度額102万円)
・改修設計費:補助対象経費の3分の1以内(限度額10万円)
・工事監理費:補助対象経費の3分の1以内(限度額2万円)

受付期間

令和3年1月29日まで受付先着順
※予算がなくなり次第終了します。(令和2年度は、工事・監理・設計各2件を予定)

申し込み方法

耐震診断を希望される方は、建設課窓口で事前相談を受け付けます。相談時に、補助対象になるかどうかを確認します。住宅の建築年度や構造などをわかる範囲でお調べください。