ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康推進課 > マダニによる感染症にご注意

マダニによる感染症にご注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月10日更新

マダニによる感染症が増加しています。
マダニに咬まれないように注意しましょう!

マダニとは

  • 森林や草地などの屋外に生息する比較的大型のダニです。(吸血前3~8mm、吸血後10~20mm)
  • 食品や衣類などにつく家庭のダニとは全く種類が違います。
  • シカ、イノシシ、野ウサギなどの野生動物が出没する場所に多く生息しています。
  • 飼い犬等がマダニを付けて持ち帰ることもあります。
  • 春から秋にかけて活動が活発になります。
  • 皮膚の柔らかいところ(腋の下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭など)を探して咬みつきます。
キチマダニ(吸血前)
キチマダニ(吸血前)
出典:愛媛県立衛生環境研究所
キチマダニ(吸血中)
キチマダニ(吸血中)
出典:国立感染症研究所

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは?

潜伏期間

マダニに咬まれて6日~2週間後に発症

症状

  • 発熱、嘔吐、下痢、腹痛など
  • 重症化し、死亡することもある(県内では20人中8人死亡、H26.9.3現在)
  • マダニの刺し口が見つからないこともある

マダニに咬まれないために !

マダニに咬まれないために !
  • 防虫スプレー(ディート含有)を、肌の出る部分や襟、袖、裾などに噴霧
  • 帰宅後は上着類を家の外で脱ぎ、すぐに入浴してマダニに咬まれていないか確認!
  • 飼い犬等の散歩後は、犬にマダニがついていないか確認!
  • 犬小屋等はいつも清潔に!

マダニに咬まれたら!!

  • マダニに咬まれても、痛みや痒みは少なく、気付かないこともあります。
  • 吸血中のマダニに気づいたら、手でつぶしたり、無理に引き抜いたりせず、医療機関で処置しましょう。
  • 野山に出かけた後に熱などの症状が出たら、速やかに医療機関を受診してください。
リーフレット [PDFファイル/635KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)