ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 住民課 > 子どもの医療費助成

子どもの医療費助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月14日更新

上島町では中学校卒業までの医療費を助成しています。

助成の対象者

上島町に住所登録をしていて、中学校修了前(15歳に達する日以後、最初の3月31日まで)であるお子さん

 

助成内容

病院や薬局に支払った金額のうち、健康保険の適用となる医療費

  • 薬の容器代、診断書などの文書料、予防接種などは対象外です。
  • 学校内のケガにより、スポーツ振興センターの災害救済給付を受ける場合は対象外です。

     

    助成を受けるためには

    まずは申請をしてください

    医療費助成を受けるためには事前に「上島町子ども医療費受給者証」の交付を受け、医療機関に提示する必要があります。
    お子さんの保険証と印鑑、保護者名義の通帳をお持ちのうえ、住民課で受給者証交付申請を行ってください。

    医療機関にかかる場合

    子ども医療費受給者証を健康保険証と一緒に医療機関窓口にお出しください。
    限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額認定証をお持ちの方も保険証と一緒に出してください。

    いったん医療機関で医療費を支払った場合

    領収日より6か月以内に、必要書類を住民課へお持ちください。
    後日、助成金が指定口座へ振り込まれます。

    ◆必要書類

  • 病院や薬局の領収書
  • 認めの印鑑
  • 子ども医療費助成受給者証

    ※領収日から6か月以上経つと、請求ができませんのでご注意ください。

     

    届出が必要な場合

    受給者証の交付を受けた後、次のような変更があったときは早急に住民課まで届け出てください。

  • 住所や氏名が変わったとき
  • 加入している健康保険が変わったとき

     

    受給資格がなくなる場合

    受給者証の交付を受けた後、次の場合には受給資格がなくなります。

  • 町外へ転出したとき
  • 生活保護を受けるようになったとき

    受給資格がなくなった後、受給者証は使用できません。早急に住民課まで届け出て受給者証をお返しください。
    また、受給資格喪失後に受けた助成金は返金していただきます。