ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 住民課 > ひとり親家庭の医療費助成

ひとり親家庭の医療費助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月1日更新

この制度はひとり親家庭の医療費の自己負担分を助成するもので、次のいずれかに該当する方が対象となります。
申請し、認定された場合は、医療費および薬剤負担分(自己負担分)が無料になります。

助成の対象者

  • 20歳未満の子どもを扶養し、生計を維持する配偶者のいない父または母およびその子ども
  • 祖父または祖母と孫、若しくは兄または姉と弟妹からなる家庭であって、ひとり親家庭に準ずると認められる方
  • 父母のいない児童

    上記対象者で、以下の1.~4.すべてに該当する方

    1.上島町内に住所があること
    2.父または母を被保険者(世帯主)とする、同じ医療保険に加入していること
    3.家庭主の前年の所得税が非課税であること
     (ただし、所得税課税者であっても前年の所得で、年少扶養控除の廃止及び16~18歳までの特定扶養控除の上乗せ部分の廃止がされなければ、所得税納付義務を有しない者は非課税とみなします。)
    4.生活保護や他の公的医療費助成を受けていないこと

    助成申請に必要なもの

    下記の3点をお持ちになり、各支所住民課で手続きしてください。

  • 印かん
  • 健康保険証
  • 所得(課税)証明書または給与所得者の場合は源泉徴収票

    助成の受け方

    医療機関並びに薬局にかかる場合は、必ず窓口にて受給者証を提示してください。
    医療機関や薬局でいったん医療費を支払った場合は、領収日より6か月以内に領収書、保険証、印鑑とひとり親家庭医療費受給者証をお持ちの上、役場へ請求してください。