ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消防署 > 上島町「防災ブック及び防災マップ」の公表について

上島町「防災ブック及び防災マップ」の公表について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月2日更新
上島町では、「災害に強いまちづくり」の実現に向けて、町内の災害危険箇所や避難場所を掲載した防災マップと、災害の基礎知識を掲載した防災ブックを公表いたします。

・防災マップを作成した背景

高知県沖の南海トラフを震源とする南海トラフ巨大地震は、今後30年の間に70%の確率で発生すると予測されています。
昨年、愛媛県が公表した地震被害想定では、南海トラフ巨大地震の発生により、上島町は最大震度6強の地震が発生し、倒壊家屋、ブロック等の倒壊、火災被害、津波による浸水被害が予想されます。また、公共機関やライフラインは機能がマヒし、防災機関においても十分な対応ができなくなります。このような事態に対応するため、住民と行政が連携し、それぞれの役割を果たす必要があります。
こうした不意の災害に対応すべく、住民の皆さん自身が「防災」を自らの問題として捉え、まずは、各家庭で防災マップに掲載された危険箇所や避難場所を確認し、災害に備えていただきたいと思います。

・別添添付資料
 防災ブック及び各地区の防災マップ
上島町防災ブック [PDFファイル/9.69MB]
弓削地区 防災マップ [PDFファイル/6.48MB]
岩城地区 防災マップ [PDFファイル/6.82MB]
生名地区 防災マップ [PDFファイル/6.1MB]
魚島地区 防災マップ [PDFファイル/5.11MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)