ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総務予防課 > 住宅用火災警報器の設置及び維持管理について

住宅用火災警報器の設置及び維持管理について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月2日更新

ご自宅の『火災警報器』の設置はお済みですか?点検は?

  • 全ての住宅に「住宅用火災警報器」を設置する必要があります。
  • 「住宅用火災警報器」にホコリなどが付くと火災を感知しにくくなります。
  • 半年に1回は掃除機等でホコリを取り、定期的に作動点検を行いましょう。

「住宅用火災警報器の警報が鳴った時の対処法」

このサイトには、取扱説明書がない場合でも、適切に維持管理できるよう、メーカー別の機種ごとに、警報が鳴った時の正しい対処方法等について記載されています。