ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

農林業センサス(所管:農林水産省)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月30日更新ページID:0011648

農林業センサスについて

本ページには、以下の内容を掲載しております。
かみりんのバナーをクリックすると、当該項目へジャンプします。

調査の概要結果概要・統計表

調査の概要

 『農林業センサス』は、農家や林家,会社や集落営農など、農林業を営んでいるさまざまな経営体の実態を正しく把握するための調査で、全国の農林業経営体が対象となります。

 昭和25年の「1950年農業センサス」から「FAO(国際連合食糧農業機関)」が策定する「世界農業センサス要綱」に基づいて、10年ごとに「世界農林業センサス」が実施され、その中間年に我が国独自の「農業センサス」が実施されていましたが、昭和35年(1960年)の世界センサスから林業が加えられて「世界農林業センサス」 となり、中間年は農業のみの調査が行われていました。
 また、2005年からは「農林業センサス」として、中間年も林業を含めて調査が実施されるようになりました。


   つっちー
農林業センサス マスコットキャラクター「つっちー」

 1. 調査の対象・時期(周期)

調査の対象単   位農林業経営体
対   象農林産物の生産を行う または 委託を受けて農林業作業を行い、生産 または 作業に係る面積・頭数が一定規模以上の「農林業生産活動を行う者(組織の場合は代表者)」 
対象の範囲全数調査
報 告 者農林業経営体
調査の時期(周期)調査期日実施年の2月1日
調査周期5年

2. 調査経路

農林水産省 → 都道府県 → 市町村 → 統計調査員 → 経営体

調査員が調査対象に調査票を配布・回収する方法で行われます。 

3. 調査項目

農林業経営体調査
(1)経営の態様、(2)世帯の状況、(3)農業経営の特徴、(4)経営耕地面積等、(5)農業用 機械の所有、(6)農業労働力、(7)農作物の作付 面積等及 び家畜の飼養状況、(8)農産物の販売金額等、(9)農作業の委託及び受託の状況、(10)保有、林面積、(11)林業労働力、(12)育林面積等及び素材生 産量、(13)林産物の販売金額等、(14)林業作業の受託の状況、(15)その他農林業経営体の現況を把握するために必要な事項

4. 結果の利用

1 「地方交付税法」(昭和25年法律第211号)に基づく交付金(農業行政費(経常経費、投資的経費)、林野行政費 (経常経費、投資的経費))の算定資料。
2 特定農山村法に基づく特定農山村の要件である農林業従事者の割合、林野率の算出資料
3 「植物防疫法」(昭和25年法律151号)に基づく指定有害動植物の発生予察事業への協力や病害虫防除所の運営に係る交付金の交付決定資料。
4 「農業の担い手に対する経営安定のための交付金の交付に関する法律」(平成18年法律第88号)に基づく水田・畑作経営所得安定対策の交付金交付対象の特認要件(面積特 例)の判定資料。
5 地域資源の保全管理政策の検討・推進資料。
6 「食料・農業・農村基本法」(平成11年法律第106号)に基づく「食料・農業・農村の動向に関する年次報告」における農業労働力、農地の動向等の分析資料。
7 「森林・林業基本法」(昭和39年法律161号)に基づく「森林及び林業の動向に関する年次報告」における森林の所有構造等の分析資料。
8 各種統計調査の母集団情報として利用。

[農林業センサスを母集団とする主な調査]
農業経営統計調査 、作物統計調査 、農業構造動態調査 、畜産統計調査 、林業経営統計調査 、新規就農者調査 、容器包装利用・製造等実態調査 、6次産業化総合調査 など

5. 関連リンク

▶ 農林水産省ホームページ : 農林業センサス(外部サイト)  

結果概要・統計表

以下の内容を掲載しております。(タイトルをクリックすると、当該項目へジャンプします)

 アイコン 【結果概要】農林業センサス(調査基準日:実施年の2月1日現在)

 アイコン 【統計表】2005年(平成17年)~

【結果概要】農林業センサス(調査基準日:実施年の2月1日現在)

 農林水産省が公表した農林業センサスの集計結果について、上島町分の項目の一部を表にまとめています。
 詳細な数値・旧町村別の数値は、右メニューの関連サイト「e-stat(政府統計の総合窓口)」へアクセス、または、本ページ下部に掲載しております統計表をご覧ください。

最新数値
  ├ 総農家等(2015年農林業センサス(農林水産省が平成29年(2016年)12月27日に公表)から抜粋)
  ├ 販売農家(同上)
  └ 農業経営体(同上)

表中の記号など
 「-」 該当数値なし
 「…」 集計なし または資料なし
 ※ 面積について、小数点以下で四捨五入されているため、合計と一致しない場合があります。

表中の用語
 後述の「★表中の用語」を参照


総農家等
農家数経営耕地面積耕作放棄地面積
総数販売農家自給的農家総数販売農家自給的農家総数販売農家自給的農家土地持ち
非農家
(戸)(戸)(戸)(ha)(ha)(ha)(ha)(ha)(ha)(ha)
2015年35011723312688372804783149
2010年411155256153112413075875175
2005年438174264165122433126186165

 

販売農家
専兼業別 販売農家数経営耕地面積
総数専業農家兼業農家総数樹園地
第1種第2種
(戸)(戸)(戸)(戸)(ha)(ha)(ha)(ha)
2015年117534608831471
2010年1557447711261293
2005年17479986122612105
世帯員労働力
総数うち、15~
64歳
うち、65歳
以上
農業従事者うち、農業就業人口うち、基幹的農業従事者
総数うち、65歳
以上
平均
年齢
総数うち、65歳
以上
平均
年齢
総数うち、65歳
以上
平均
年齢
(人)(人)(人)(人)(人)(歳)(人)(人)(歳)(人)(人)(歳)
2015年32113117225865.718013470.816312271.0
2010年44219322037121064.625219470.520615871.1
2005年51323423740521662.929520866.823317569.2

 

農業経営体
農業経営体経営耕地面積
総数家族
経営体
組織
経営体
総数樹園地
(経営体)(経営体)(経営体)(ha)(ha)(ha)(ha)
2015年163159410441584
2010年213

123614103
2005年260156614136

表中の用語

2015年農林業センサスの用語について記載しておりますが、詳しくは、以下のホームページまたはPDFファイルをご覧ください。
*『農林業センサス(調査の概要)(外部サイト)』の「用語の解説」
* 各調査年の『利用者のために』(PDFファイル)の「用語の解説」

土地関係

矢印 経営耕地
  調査期日現在で農林業経営体が経営している耕地。(土地台帳の地目・面積に関係なく、実際の地目別の面積)
  経営耕地 = 所有地[田、畑、樹園地] - 貸付耕地 - 耕作放棄地 + 借入耕地

矢印 耕作放棄地
  以前耕作していた土地で、過去1年以上作物を作付け(栽培)せず、この数年の間に再び作付け(栽培)する意思のない土地

農家の分類

矢印 農家
  「経営耕地面積が10a以上」 または 「農産物販売金額が15万円以上」の世帯

    矢印 自給的農家
      「経営耕地面積が30a未満」 かつ 「調査期日前1年間における農産物販売金額が50万円未満」の農家

    矢印 販売農家
      「経営耕地面積が30a以上」 または 「調査期日前1年間における農産物販売金額が50万円以上」の農家

       (1) 販売農家の専兼業別
         丸 専業農家
           世帯員の中に兼業従事者が1人もいない農家
         丸 兼業農家
           世帯員の中に兼業従事者が1人以上いる農家
            * 第1種兼業農家:「農業所得を主」とする兼業農家
            * 第2種兼業農家:「農業所得を従」とする兼業農家

       (2) 販売農家の主業業別
         丸 主業農家
          「農業所得が主」で、1年間に60日以上自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいる農家  
         丸 準主業農家
          「農業所得が従」で、1年間に60日以上自営農業に従事している65歳未満の世帯員がいる農家
         丸 副業農家
          「主業農家」・「準主業農家」以外の農家

矢印 土地持ち非農家
  農家以外で耕地 及び 耕作放棄地を合わせて5a以上所有している世帯

労働力

矢印 農業従事者
  15歳以上の世帯員のうち、調査期日前1年間に「自営農業に従事した者」

   矢印 農業就業人口
     『農業従事者』(自営農業に従事した世帯員)のうち、調査期日前1年間に
     「自営農業のみに従事した者」または「農業とそれ以外の仕事の両方に従事した者のうち、自営農業が主の者」

      矢印 基幹的農業従事者
       『農業就業人口』(農業に主として従事した世帯員)のうち、調査期日前1年間に
       「ふだん仕事として主に自営農業に従事した者」

農業経営体

矢印 農業経営体
  次の1~3いずれかに該当する事業を行う者。
     1. 経営耕地面積が30a以上の規模の農業
     2. 農作物の作付面積または栽培面積、家畜の飼養頭羽数、その他の事業の規模が次の外形基準以上の農業
        (1) 露地野菜作付面積 …………   15a
        (2) 施設野菜栽培面積 …………  350
        (3) 果樹栽培面積 ………………   10a
        (4) 露地花き栽培面積 …………   10a
        (5) 施設花き栽培面積 …………  250
        (6) 搾乳牛飼養頭数 ……………    1頭
        (7) 肥育牛飼養頭数 ……………    1頭
        (8) 豚飼養頭数 …………………   15頭
        (9) 採卵鶏飼養羽数 ……………  150羽
        (10) ブロイラー年間出荷羽数 …1,000羽
        (11) その他調査期日前1年間における農産物の総販売額50万円に相当する事業の規模
       3. 農作業の受託の事業

  矢印 家族経営体
    『農林業経営体』の条件を満たす「販売農家」または「自給的農家」。
    雇用の有無を問わず、1世帯で事業を行う者。(一戸一法人(農家が法人化した形態)を含む)

  矢印 組織経営体
    『農林業経営体』の条件を満たす「法人組織」または「非法人組織」
    世帯で事業を行わない者。(家族経営体でない経営体)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)